女子大生日記

どうでもいいことをツラツラと書きます。

Pray for New Zealand

 

Today there was a shocking news.

According to the news,there was a terror attack at mosque in Christchurch, New Zealand more than 49 people died.

Pray for New Zealand.....

 

I was very sad to hear this news because I'm right now in a place surrounded by Muslims. I think Muslim people here are more kindful than the people in my country.

They believe in Muslim but they do have a respect to people who has other religion.

 

Also today, I read about an article about a Mosque in.... forgot information particular but in a certain place in Indonesia, there is a mosque that has a Chinese style architecture, it's roof colored red(?). Those mosques are built in a village and it's called "Musjid Tinggi"(If you traslate this into English literally this means Tall Mosque).

 

Mosque is a place where Muslim people will have a pray.

BUT there are also many people who has different beliefs like Chinese and blahblahblah in their region who visits this mosque. They don't mind having a different beliefs each others. This fact is remarkable from this instance; if someone dies in that religion, they will have a funeral of form from persons itself. Generally,  people attends to the funeral which is same religion as they do BUT in the region there they also attend to the funeral whatever form it is, also they help to open it. Or if somebody needs an assistance whenever, everyone, whoever, whatever religion they have will help them.

 

I thought this is a fascinating story about interaction of religions.

 

 

自己肯定感を高めたい

 

自己肯定感を高めたい

 

高める方法を私は知ってます

 

それは日本と、日本人と距離をおくことです

 

日本人ってインスタグラムとかを見ていると

芸能人はおいていて

一般人で自分の写真をあげている人は本当に他国に比べて少ないと思う

 

それは「晒し者」になるのを恐れているのだと思う

 

あげた本人が可愛かったりカッコよかったら問題はないのだが、

そうではない自撮り画像がSNSにあげられていた場合日本人はそれを失敗とし「晒し者」またはナルシストだと非難するのだ

 

これは日本人の周りにどう見られるか、思われるかということも気にしている文化が現れていると思う

 

私のSNSのフォロワーの90%は日本人だから

私は自分の自撮りをあげることに抵抗を感じてしまう

 

日本の周りにどう見られるか、思われるか気にする文化があるからこそ、日本には察して行動しなければならないという状況とか、空気を読まなくちゃいけない状況とか生まれるのかなあ....

 

日本人らしいし、私はこれが嫌いではない

 

けど、やっぱり、窮屈かな

 

 

めんどくさい人間

 

私はあまり日本語が上手じゃありません

 

私は小学生のとき海外に住んでいたため漢字の必要性が全く分からなくて、結局日本帰ってきたあと苦労する羽目になりました。

 

そして1年で小学生の漢字ほぼほぼ全て覚えたのですが、難点が読めない漢字がありすぎたため、勝手に読み方を自分で決めてしまった漢字が多くあります

 

というのも、私の大雑把な性格とそのときはスマホがないのが合わさって、漢字がわからなくて辞書がないとき、または辞書を引くのがめんどくさいと自分でどうにかこうにか読むしかなかったんです...その結果私は多くの漢字を今でも間違えて読んでいます

 

漢字ってわりと読み方分からなくても、漢字の文字を見れば結構意味が分かるんですよね〜

なので意味は間違えて捉えてることはあまりないんですけど、読み方をすぐ間違えます。

 

それを指摘してもらうかその読み間違えをスルーされる日々なんですが

 

自分が日本語を間違えて言ってしまうのが悪いんですが、

「○○でしょ??ww」と指摘されるとイラつきますし、

 

冷静に訂正される・スルーされると恥ずかしくなります。

 

そんな日本語も間違えてしまうのかと。

 

 

 

めんどくさい人間ですね。

日本語話すのが怖いです。

意識高い系

 

As you know this blog is just for my self sartification, and tonight I felt like I want to write  something in English so I'm just doing it write now in a quick motion.

 

To be a person who can "practice what they preaches"

 

So today, I had a reading class about etiquette, it was soooo boring. I know about etiquette cuz im already an "adult"...of couse i have to know it. It doesnt have a big difference between countries. Its like a rule common in the world.

 

Well thats not the point today. After the reading class, I had a snack recess. I talked with my friends there. From Taiwan, Korea, Suriname and Australia.

Right now I have a henna tatoo drawed in my left arm. Seeing that tatoo the disccusion about "what do you think about tatoos?" started.

 

As it is, Japanese dont have a good images in tatoos.

Tatoos reminds of yakuza.

But is that just the reason...? Is that the reason why people who has tatoos cant get in to hot springs...? 

 

According to my korean friend, drawing tatoos are prohibited. But putting tatoos arent.

Isnt it interesting? I thought it was.

 

And suddenly my australian friend asked me, cuz they dont have bad images in tatoos just a normal thing, "what do you think about tatoos as Japanese?"

 

My answer was .........

............... words didnt come out.

cuz i havent studied in japan, i didnt have an ability to speak out my opinions using English. But maybe I couldnt do that either in Japanese.

 

Having your own opinion is an essential thing.

cuz i always spend my time just day dreaming, i have to move my mind firmly.

 

Well.... the disccusion is over, but my opinin is....

although in general, tatoos have a bad images associating with yakuzas, cuz yakuzas arent familiar with me i dont have a negative images to them. I think tatoos are cool. But cuz i like to go to hot springs, its prohibited there so i wouldnt put it to myself. Someday if hot springs wont prohibit people with taoos maybe i would like to do it.....

 

I have a cool images on tatoo, tabacco and alcohols.

But all of them arent that good for humans body.

What made humans start to do those things....what made those have a cool images.....

 

Wander wander and wander.......

 

 

留学恋愛日記

 

こんにちは、恋愛人間です。

この度私の恋愛が終了したことを報告いたします。

 

自分に自信を持つまで恋愛をしないようにしようと心に決めたわけですが(以前のブログ)、私は今だに自分に自信はないのですが、ついうっかり人を好きになってしまいました。

 

今回は初めて外国人を好きになりました。

留学ならでは、のですね。

 

9月頃から留学がはじまり、同じクラスではなかったのですが彼を廊下で見て、かっこよすぎるから絶対彼女いるだろうと思って目の保養にしてました。

 

けれど、11月くらいに仲良い友達から「彼には彼女がいない、いたことないのではないだろうか」という情報を手に入れました。

 

母国では彼はモテないらしい。

 

彼はとても清潔感があり、目がぱっちりと顔が整っていて背が高くスタイル良く、まさに私のタイプでした。一瞬で一目ぼれをしました。

 

彼は誰に対しても礼儀正しくて内向的。仲良い人にはお茶目な面を見せるけど、仲良くない人にはクールな感じで接する人でした。内向的な性格なので外人の私には心を全く開いてくれませんでした。なんども同じ国の人だったら、、と考えたんですが、そんなこと考えても仕方ないんだよな。私はクールな面しか見ることができませんでした。でも仲良い人たちとつるんでいるときは、、おいっと言いながら肩を組んだり、オヤジギャグを言ったりしていました。(親父ギャグが好きという友達からの情報)

 

実は彼女がいないという情報を得て、舞い上がってしまった私はその日に連絡先を本人に聞いてしまいました。ちょっと自分でもいけるかもしれないという気持ちが生まれちゃったんですよね、今まで彼女いたことがないという情報が。

 

そして連絡をとりはじめたんですが、3つ質問したら返ってくるのは最後の質問のみ。笑

結構絶望しました、、でも恋に盲目で自分に興味がないという現実から目をそらすためこういう面も「クールなんだな」で片付けてました。

 

そして、ある日

「一緒に遊びたいとは言わないからメッセージのやり取りはしていい?」という大胆な質問を彼にしました。彼の邪魔になるのであればメッセージのやり取りをやめたほうがいい気もしたし、、(といっても心の中ではメッセージは全然大丈夫なんだけどという返事を期待をしていました)

 

「学問を2つ専攻していて勉強に集中したいんだ。本当にメッセージは感謝している。ありがとう。ごめんね」

返事は見事に撃沈、、。

 

彼は優しいからこれを理由にして断ってくれたのに私は「彼は2つ学問を専攻していたから忙しすぎたんだ」「私がダメだというわけではない、タイミングだ」という現実逃避に走りました。その後に、友達から彼は2月に帰るから付き合う気がないのだという情報ももらいました。

彼を見るだけで幸せだし、、2月まで目の保養にしよう、。

 

ここで冬休みが入りました。

彼を見ることもなく、でも彼のことを常に考えちゃう。そんな日が続きました。

 

1月から新学期が始まったのですが、なんと同じクラスに。これはもう人生史上最大に嬉しかったクラス替えでした。彼とちょっと仲良くなれるかな、と期待をしていたのですが、2月に帰ってしまう彼はあまり学校に来なくなりました。実はプログラムが終わるのは4月なんですが、母国の大学が3月から授業がはじまる彼はプログラム終了前に帰るんですよね。だから出席してもプログラムを卒業できない。

 

そして2月下旬、彼が国へ帰ることに。

私は自己顕示欲が強いので、ただ胸に想いを秘めたまま忘れるのを自然に待つということができませんでした。何をしたかというとラブレターを人生で初めて書いてみました。外国語で。

エモいです。きっといい思い出になることでしょう。

 

ラブレターを渡した後、今日学校に久しぶりかつ最後に挨拶に来たんですが、クラスに1分顔を出して終わりました。手紙ありがとうという言葉を期待しちゃってたんだけど、迷惑だったかな笑

私の自己満ラブレター。

 

 

 

こうやって今回の恋愛振り返って見ると全く成就する見込みのない恋愛でしたね。メール断られた時点で終わらせれば、終わらせられればいいのにね。

 

 

 

毎回恋愛が終わるたびに、もう人を好きになるのはやめようと思うのですが、なかなか心というものはいい具合に動いてくれませんね。

勝手にときめきはじめちゃうんですよね。心が。全く。

 

そして私は大学入ってから一度も片思いが成就したことがないです。そろそろどうにかこうにかなりたいんですけどね。

 

この恋愛を綺麗さっぱり忘れる旅をして来ようと思います🇹🇭

日本人

 

今日は民族を勉強している学生にインタビューを受けて

「日本人」であること、国民意識について考えさせられた

 

インタビューが

「東洋人として西洋人はどうですか」

「日本人として韓国人についてどう思いますか」

といった内容だったのだが

 

結論として

日本でだってどこの国だって人はそれぞれ。十人十色。

ただ文化的・国民的背景に違いがあってそれが人を集団として分類するのに世界で使われているだけ。

 

「日本人として韓国人についてどう思いますか」という問いに対して

現在新井浩文の強制性交事件について、彼が在日韓国人であることに言及している人が多いが、全くそれは関係ないのではないか。

現在私の周りの8割は韓国人で、ほぼ毎日韓国人と接している。

優しい韓国人もいれば、そっけない韓国人もいるが、日本でだってそうだし、全員が同じ性格をしているわけないので、人それぞれではないか。

なのにいちいち「〜人だから〜だよ」と批判する人々に最近腹がたつ。

 

 

外国に来て日本人であると改めて自覚することが多い。

最近ブログを書きたくても色々な物事がホワホワと浮かぶだけで全く考えがまとまらない。

おそらくまとまった文章を今書こうとしたら1万字を超える長文になってしまうだろう。考えがまとまっていないオチのない文章を書くことに抵抗があるのだが、おそらく留学を通して得た考えがまとまるのは日本に帰国してからだろう。

今は思ったことや感じたことを蓄積していく時期なのかもしれない。

 

からしばらくはここで

思ったことや感じたことを書いて後に生かせればいいな

 

一目惚れ

 

 

タイトル通りに一目惚れをしたわけですが、

儚く砕け散りました。

 

告白をして振られるまでもいかず、

一目惚れをした相手に興味を持ってもらえなかったので連絡がとれないのです。

 

私は以前一回同じようなことを逆の立場でしたことがあるのですが、こんなにも辛いものなのかと以前の相手に対して申し訳なく思いました。

 

人間の気持ちというものは難しいものです。以前私に一目惚れをしてくれた人のことを私は絶対好きになることはなかったでしょう。好きになってくれた人を好きになれたらどれほど幸せなことかと思ったのですが、なかなか私の心は、感情は、言うことを聞いてくれません。

 

----------------------------------

 

私は恋愛体質であり、男女のアレコレというものに興味津々なタイプです。

私は今まで自分は恋愛体質であるということを自覚し、生きてきたのですが、ここで恋愛体質であることに対して考え直したいと思う

 

私はなぜ恋愛に興味があるのか。

 

それは、自己承認欲求のためでした。

 

自分が好きになった相手に対して好きになってもらうことで自己承認欲求を満たそうとしていたのです。さらに、自分より秀でていると思う人を好きになり、その人から好かれることによって自信を持とうとしていたのです。しかし、そのような相手に対しての一方通行な想いの多くは失恋に至ります

 

私はここで

"こんな私だし仕方ないか"

                                         と思います

 

しかし、これが間違いなのです

 

"こんな私を逃すのはもったいない"とここで思うべきなのだと

 

私は恋愛を成就させることで自己承認欲求を満たし、自信を得ようとしていたのに気づいたので今日からはそれら2つを得るための他の方法を模索したいと思います

 

自己承認欲求を満たし、自信を持った自分はおそらく想像できないくらい素晴らしい「私」であるはず

 

そのときが来たとき、私の恋ははじめて上手くいくのだと思う。

そのときが来るまで、私には恋愛をする資格はありません。

 

そのときが来るまで、サヨウナラ