女子大生日記

どうでもいいことをツラツラと書きます。

留学して1ヶ月がたった

 

留学して1ヶ月がたった

 

来てすぐ大学がはじまり、怠け癖がついていた私は大学に通うことさえ辛いし、また怠けて日本で勉強しなかったことのツケが回って授業についていけず大変だった

 

なんと私は数字さえも覚えていなかったのです

 

初日の授業で当然みんなは流石に数字は知っていたし、知ってるも同然で年齢や生年月日を自己紹介で言わなければなからなかったのだが、数字をそこで覚えた私には生まれ年を言うのも年齢も言うのも難しかった

 

クラスでドベからのスタート

 

別にドベであるという事実はいいのだが、クラスの人と会話も全くできず、先生が何言っているかも分からない現実は辛かった

 

でもそのドベからスタートによるクラスの足手まとい感で私はついにやる気を出さざるおえない状況に追い込まれ、勉強スタート(笑)

 

この1ヶ月で聞き取る力が伸びたと思う

まだまだ話せないけど笑

 

今は授業で先生が何言っているか分かんないことはほぼないし、最近授業中分からない単語はあまりなくなってきた

 

自分なりの勉強方法を結構すぐ見つけられたのが伸ばすことができたんだと思う

 

語学で大切なのは単語量。

 

私の語学の勉強方法は「辞書」を読むことです

 

辞書といっても普通の辞書ではなくよくある簡易辞書。普通のより薄く、あまり使わない単語が省いてあるわけで、簡易辞書にのっている単語は重要なものばかり。普通の辞書より持ち運びもしやすいし。いいことばかりです。

 

今日は"k"やるかってなったらkからはじまる単語をひたすら見てやる気ない日は単語量が少ない"u"あたり見たり。まだまだこれを続けます。なんかもう飽き性でこの勉強方法飽きてきたけど…。

 

今のところ辛かったけど日本で平和ボケして何も苦労しないまま大学生活終えるよりは来てよかったと本当に思っている

 

また日本にいたときは思わなかった感情がある

 

"今この瞬間を無駄にしたくない"

 

海外にいるだからだろうか、貴重な時間な気がして一瞬たりとも時間を無駄にしたくない

 

日本にいると無駄なことをしてあっという間に時間が過ぎてもそこまで後悔はしないのだが、留学してからというもの無駄な時間を過ごすと自責の念に駆られる

 

これは日本にいたら持てなかった感情だと思う

 

あと他の留学生たちは私より物知りだ

 

日本にいたとき、私はあまり知識がないなと感じたことはなかったのだが、海外に来てからは自分の知識の無さに愕然とする

 

というのも日本では政治・歴史の話を全くしなかったからだ。

それは私の周りがそうなだけであって日本の学生達は政治・歴史について話しているのだろうか。。。

 

あと自分の国について話そうとなったとき自分は全く日本について知らないな、と痛感した。

もっと自分の国について知ろうと思った。

 

 

 

発展途上国

ーーー工事をしているのを見ない日ない。

日々発展していく街並み。

この国がどうなっていくのか期待しかない。

 

日本ではそう感じることがない経済格差を目の当たりにするし(物乞い、大学進学率とか)、あと個人的に宗教が興味深い

 

大半がムスリム、あとヒンドゥークリスチャンで構成されている。

現地の国民には国民カードというものがあり(マイナンバー的なものかな?)そこに自分が信仰する宗教を書かなければならないのだが、信仰していないとは書くことができない。ある特定の信仰していて当たり前なのだ

 

ムスリムが大半だし、もっとムスリムについて最近は知りたい。

モスクから聞こえるムアッジンの声は心地がいい。最近美声ムアッジンハンターになりつつある(笑)コーランを読み上げているのだろうが、コーランって具体的に何が書かれているのだろう。現地の人に聞いたところ意味を知らずに読んでいると言われた。結構衝撃的だった。

 

あとヒンドゥーの身分格差も興味深い。

外人である私はヒンドゥーで一番下の身分の人としか結婚できないよ、たぶんとムスリムに言われたけどどうなんだろう。気になる。

 

インドネシアは広いので、ジャワ島(首都ジャカルタがある方)の大半はムスリムだが、バリ島の方は大半がヒンドゥー。バリ島に行って現地の人にヒンドゥーについて話を聞いてみたいものである。

 

最近はドベという感覚もなくなってきたし、

たぶんクラスで他の人の方が授業で何しているのか理解していない

そしたらまた怠け癖がでてきて、無気力状態である

 

なんでもっと上を目指そうという気力起きないんだろうなあ...

 

 

 

 

 

まだまだだね

 

まだまだだね

 

私は精神年齢がまだまだガキです

 

ここでこう返答した方がベストだと分かっているのにもかかわらず、自分の気持ちを優先してしまう

 

大人になるということは

色々なことを心の中にしまい封じ込め

諦めることを指すのかな、と最近思う

 

例えば、新しくはじめたバイトで先輩からこうやるんだよ、と手順を教わるものの、店長からそれはそうではない、と叱られるとか。

 

「自分の監督不行き届きでした。申し訳ございません。」

部下のミスを上司である自分が受けるとか。

だって部下のミスって自分のミスではないじゃないですか。

 

社会人になったら理不尽なことで怒られることは多々あるだろう

 

ここで大人なヒトは

「申し訳ございません。私のミスです」

と謝るのだろうか。

 

自分が悪くないのになぜ謝らなければならないのか

 

自分バカだなあ、後々めんどくさくなるのにと思いつつ

自分の中にあることを出したくなってしまう

 

これから少しずつ諦めていこうかな

 

大人の人たちは諦めたともに何を感じているんだろう

 

ガキにはまだ分かりません

 

 

 

暗示

 

 

私は周りの人や環境に流されやすいタイプ

なので環境で自分自身がどんどん色々な人の影響を受けて、流されて、、、

日々自分をつくりあげている。

 

つまり、私にとって「周囲」の人間というものはとても大切なもの。

 

「周囲」には2つあって本来あるもの自分で築き上げていくものがある。

本来あるもの(ベース)…家庭環境、(自分の容姿に惹きつけられてくる者)

自分で築きあげていくもの…自分の内面、容姿に惹きつけられてくる者

 

ベースは重要ですよね。学生時代はここで決まる。

子どものとき、お金あるか・容姿がいいか悪いかは親にかかっていますよね。家庭環境で世の中格差が生まれていくのだな...

 

次に、「自分で築きあげていくもの」

これが魅力のある“大人”になるか否かのポイント。

 

容姿は、改善する努力をすればどうとでもなる現代。

貧乏であることが嫌なら稼ごうと努力すること。

 

変わろうと努力したか、自分を磨く努力をしたかが大切ですよね。

外見しかり、内面しかり。

 

_________

 

あることに気がついたんですけど

私は以前「友達は自然にできるもの」だと書きましたが、“自然にできる”には

条件がありました

 

それは、その人間に「魅力」があるかです

魅力というものはとても抽象的で感じ方は人それぞれですが、

私の中で魅力的な人は「自分に無いものを兼ね備えている人」「話があう人」

 

 

自分が築き上げたものの中で同等レベルの者とみなした人といますよね、人間って大抵。スクールカースト、学歴主義の存在がそれを忠実に表してくれている。

 

しかし、私は自分より魅力のある人に接近して仲良くなりがち。

そうすると、その環境に流され理想が高くなりがちだ。

 

理想的な将来や理想の彼氏など

「理想」について話すことが本当に無意味で非生産的なことのように思う。

 

「理想」を語る分にはいいが、その後どう実現するか詳細に話すことの方に意味がある。

 

「理想」を語りがちなわたし。

周りに流されてないで、「理想」の自分を築きあげろ

 

以上、自分への暗示でした

努力

 

私は人生で"努力"できた試しが一度もない。

 

努力してきたことがないのだ。

 

努力できる人はすごいと思ってるし、何故自分はできないのかわからなかった。

 

「何故自分は努力できないのか」については結構考えてきたが、「努力する意味」について今日初めて考えた。

 

何故人間は努力するのか。

 

それは生きるため。

また、自分を好きになるため。

人に好きになってもらうため。

 

生きるためという点では親には頭が上がらない。ぬくぬくと生きさせてもらってしまった。

 

自分を好きになるという点で私はデブだし、勉強もできない。自分を好きになるわけがないんですよね。嫌いです。

 

恋人もできません。

 

自分を好きになって初めて人に好かれると思うんです。

 

人に好きになってもらうために「努力」して自分を好きになろうと思います。

 

ダイエット

本を読む

勉強

日常生活(家事など)

学校

 

全てに「努力」したい。

 

自分を好きになるために。

孤独

 

私は友達を作るのが結構得意です。

 

知らない人に話しかけることを厭わないし、

むしろ知らない人と話すのは好きだし。

 

そして、その、知らない人と顔を合わせるたびに話すうちに仲良くなる。ごく自然な過程で

 

友達、はできるのです。

 

「友達になろうよ」と声をかけて友達になる場合もあるけど、それよりも自然と友達になっているケースの方が多いんじゃないだろうか。(私はそうなんですけど)

 

そうして私は友達を作っていくわけだが

大抵1人か2人本当に「仲がいい人」を作ります。

 

その「仲がいい人」に話したいことを包み隠さず全てを話します。

 

仲がいい人になんでも話し、たくさんの時間を過ごし、、、そして見えてくる「人の嫌な部分」

 

恋愛的愛情があるわけではないので、ここで仲がいい人とはオサラバします

 

そしてまた新しい「ナカがいい人」を作ります

 

この繰り返しです

 

途絶えず彼氏がいる女のように、私は「仲がいい人」がずっといます

 

 

 

孤独から逃れるために

 

孤独はとても怖いです

 

私は勝てそうにありません

 

 

私は「仲がいい人」に全てを話すので、墓場まで持っていく秘密など1つもありません。皆無です

 

私の中で秘密は孤独の一種です

 

誰とも共感できず、分かち合えず終わります

 

人間は孤独と向き合うときどうしているんだろう

 

人は秘密を話してはいけないときどう耐えるんだろう

 

ヒトは謎だらけです

 

 

心機一転

 

どうも、ごま団子が大好きな女子大生です。

今日も暑いですねー

 

そんな暑い本日2018年8月26日からブログをはじめようと思います。

 

私は日常と普段思ってることを赤裸々に書いていこうと思っています。まあ要するにくだらないブログです。

 

まず、今の私の状況はというと部屋を大掃除中。なぜなら、あと2週間で1年間の留学に出発するからです。出発する前に断捨離をしようかと思いまして...なかなかモノを捨てられない人間なんですが、思い切って迷ったモノは全て捨ててます。スッキリしてきているような気もするけど捨てるものが多すぎる!!!!全然掃除終わらん!!

 

まあ...こんなことはどうでもいいんですよね。

私はあと2週間でインドネシアに出発します。🇮🇩

何をしに行くのかというとインドネシア語を学びに行くつもりです。

 

え?何故、英語ではなくインドネシア語??

 

これまた私にもなぜインドネシアに行くのか。理由がわかりません。

 

論理的な思考を持たずまた主体性をなく「なんとなく」で生きている人生。

 

「どっか外国に住みたい」

ーーーこの気持ちは揺るがずに大学入ったときからありました。

 

英語留学に行く人って大抵英語圏の音楽を筆頭とする文化が好きな人が大半な気がします。私は英語圏の国は好きではありますが、特に文化に興味があるわけではありません。興味がないわりには留学費高いし...まとめると

英語圏に留学しない理由】

・文化に興味ない

・料理が脂っこいだけのものが多い(飽きる)

・留学費が高い

・英語はそれなりにできる

 

というわけで私はずっと英語圏以外で留学する国を探していました。大学で第二外国語でドイツ語を選択しました。まあ、ドイツも料理に関しては脂っこいですが文化には興味がありました。ヨーロッパの文化は興味があります。

 

私は英語はそれなりに勉強したし、文化に対して興味がないというか、もうドラマや映画などを見たり本を読んだら知り尽くしているような錯覚に陥っているんですよね。

それに比べてヨーロッパの文化についてはあまり詳しくなくて、というか文化を知るには言語を学ぶことが1番だと思っています。ヨーロッパの言語を全く知らない私は、何も知らない国々がたくさんあるという認識です。フランスには何度か行ったことがあったのでという理由で、フランスではなく一度も行ったことがないドイツ語を第二外国語として選択し、ドイツに留学するつもりでいました。(私は好奇心旺盛で飽き性。新しいところを開拓したがります。)

 

しかし、こんなに意識高そうなことを書いている私ですが、大学入って一人暮らしをしていたら勉強を疎かにして遊びまくり。授業切りまくり。ドイツ語を全く勉強せず。

 

現状を知った親はドイツへの留学なんて認めてくれるはずもありませんでした。

 

しかし、留学はしたい。

 

そこで留学を認めてくれる国を探しまくりました。許してくれたのは親戚が住んでいるし留学費が安いためという理由で"インドネシア

 

つまり、私は行きたい国に留学するのではなく、留学がしたいがために行きたいわけではない国に行って言語を習得しようとしているわけです。今のところ何故かインドネシアに対して興味が湧きません。知り合いがいないからですかね?

 

留学が決まったものの、全く乗り気ではありません...。親に申し訳ないです。せっかくお金出してくれているのに。クズです。。出発前なのに今のところ全くインドネシア語話せません。

 

はあ、まあ一旦その話はおいといて、インドネシア留学にあたっての目標について考えていきたいと思います。以前ブログで、留学する前に目標を決めて遂行しようとすることが大切と書いてあったので。

 

・友達つくる

インドネシア語を積極的に話そう

・文化を知る

 

ざっくりとした小学生みたいな目標しか思い浮かびません。

あっちいって何をしたいんだろう。

 

よくわからないです。

 

人生ってよくわからないです。