読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

大学にまともに通わず遊び呆ける一人暮らし生活を送る女子大生。単位も危ない留年なのかな。まともな生活送りたいなあ

虚しい

 

 

 

わたしは高校で仲良かった子が2人いる

 

その2人は特別いた時間が長かった

 

しかし、一緒に過ごす時間が長ければ長いほど私はとても仲良くなったつもりになり、基本的にポジティブ思考でいるように努めるのだが、仲良い2人の前ではその努力を怠り自分の負の部分をさらけ出す

 

わたしのネガティヴ思考はつきない

 

ネガティヴ思考は最初のうちは励ます気持ちを持てるだろうが、それが長く続くと「また病んでるよ」「めんどくさい」という気持ちになるだろう

 

2人の気持ちを考慮することを過ごす時間が長くなるほど怠った

 

また私はぶっちゃけると、その友人2人はあまり頭が良くなかったため、見下していたのかもしれない

 

そのため、私は2人の意見を無視することが多々あった

 

自分より頭がいいと感じる人に対しては、わたしは自分の意見を曲げることが多いが、わたしは友人2人に対してあまり頭いいとは思わなかった

 

自分の意見を押し付けた

 

わたしの高校は進学校で「学歴が全て」「どこの大学に通ったかが大切」などと言われ続けて、わたしもそのバイアスをもつひとりになってしまった

 

大学になったら高校の友人に会うか会わないかなんて人の自由だ

 

その2人は、2人で会ったり旅行しているものの、私には誘いがかからない

 

当然の結果だが、高校生活の時間をほぼ全て共に過ごした友人たち

 

わたしに会いたくないのか、と考えると

 

虚しい