読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

大学にまともに通わず遊び呆ける一人暮らし生活を送る女子大生。単位も危ない留年なのかな。まともな生活送りたいなあ

既に返答が決められている発言

 

 

既に返答が決められている発言がある

 

例えば女の子が

「わたしってブスだよね…」には基本

「そんなことないよ!!!!」という返答が求められている

 

わたしは、返答が定まっていることに飽き飽きして「わたしってデブだよね」という友達の発言に「うーん…そうだなあ」と返答したことがある。まあ事実彼女は普通の人よりは肉付きが良く膨よかだった。しかし、わたしの発言は彼女の機嫌を損ない、沈黙が訪れた。

 

暗黙の了解で決められている発言への返答

これってある意味社交辞令的な常識的な台詞なのであろうか

 

わたしはよくこれを覆したくなる

 

実際今わたしは返答が決められている発言を友人に強いられている

 

 

返答に迷う