読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

大学にまともに通わず遊び呆ける一人暮らし生活を送る女子大生。単位も危ない留年なのかな。まともな生活送りたいなあ

静寂

 

 

わたしは現在帰省している

 

親は見てもいないのにテレビをつけ、テレビを消して静かになると音楽をつけ、音楽をも停止すると話し始める。どうやら静かな環境が嫌いなみたいだ。実は引越しをしたために今の私の実家には私の部屋がない。故にリビングで過ごすしかないのである。そして、久しぶりに私に会えたのが嬉しいのはわかる。私も両親に久しぶりに会えたことは嬉しい。けども、私は自分の時間、静寂な時間がないと生きていけないみたいだ。現在フラストレーションが溜まっている。

 

わたしは自分の家では必ずテレビも音楽も消し無音の状態を真夜中に作り出し、物思いに耽るか本を読む時間がある。それが今回1週間帰省しているのだが、無いのはとても心苦しい。わたしは気づいていなかったのだが、その時間が自分の中で1番好きみたいだ。新しい発見。

 

また私はどうやら家族というものが荷が重いみたいだ。つらい。友人に会いたい。しかし、引っ越したが故に帰省してもその土地には友人がいない。知り合いはいない。知らない土地。

みなさんは家族と友人どちらが大切?

大切というか、家族と友人どちらと過ごす時間の方が好きですか?

私は友人と過ごす時間の方が好きだ

 

友人に遊びに誘われたが帰省してるが故にいけない

 

つらい

 

まだ帰省2日目である